島根から広島へのしましま旅

島根から広島へ、縦に移動する旅のススメ。海、山、島でのんびり。

ヴァージン諸島で、全力疾走

今週のお題「人生最大の危機」

皆様こんばんは。

台風が広島県呉市に上陸したと聞いて、その後の動きが気になり、なかなか広島旅行記の続きを書く気が起こりません…


ということで、ちょっと気分を変えて、「今週のお題」を書くことにしました。


北米と南米の間に、ヴァージン諸島という島々があるのをご存知でしょうか。


海がすご〜くすご〜くキレイで、リゾート感溢れる場所です。


かれこれ10年以上前、何故かご縁があって、そこに1週間滞在するチャンスがありました。
 

太陽光でじんましんみたいな痛みが出やすい体質で、アウトドアも苦手だったんですが、観光で見るものも特にない島なので、近隣の島に船でお出かけすることになりました。


ついてみると、流石。海がキレイなだけあって、さほど沖に出なくてもカラフルなお魚が沢山!!それで調子に乗って、夢中で磯の生き物を観察しておりました。


さて、夕方になり、そろそろ帰らないと〜、と帰りの船の出発時刻を書いたメモを確認したところ。


何と、本島に戻る最終便出航まで、

あと20分しかありません。


因みに、行きはダラダラ歩きの速度で、40分かかった道です。しかも、神奈川県の江ノ島みたいな、急な山道。


下り道とはいえ、行きの半分の20分で港までたどり着けるのかなぁ。。


相当な不安はありましたが、とにかくメモを見た直後から、何も考えずに必死の形相で走り続けました。

山からちらりと見えた夕日は相当きれいでしたが、もはや景色どころではありません。

というのも、盗難被害を避けたかったので、1000円ぐらいの現金と、帰りの船の切符しか持っていなかったんですね〜

今、空調の効いた部屋の中で、このブログを書けているのは、あの時の頑張りがあったからだと、しみじみ思っています(泣)

最後になりますが、台風の被害が、どうか最小で終わりますように。


今日もご訪問下さり、有難うございます。